千光寺について

寺号:千光寺 
山号:袈裟山(けさざん)
開山:両面宿儺(りょうめんすくな) 4世紀
開基:真如親王(しんにょしんのう)(平城天皇皇太子・弘法大師十大弟子の一人)
宗派:高野山真言宗
住所:〒506-2135 岐阜県高山市丹生川町下保1553
電話: 0577-78-1021
住職:大下大圓(おおした だいえん)      
         高野山傳燈大阿闍梨

 

千光寺について

飛騨国千光寺は、古え薫る仁徳天皇の御代、今から1600年前に飛騨の豪族両面宿儺(りょうめんすくな)が開山し、約1200年前に真如親王(弘法大師の十大弟子の一人)が建立された古刹です。

最近は「円空仏の寺」としても、その名は広く知られています。

現在は高野山真言宗に属する密教寺院で、山岳仏教の修行の古風を今に伝えています。

海抜900メートルの袈裟山に広がる寺の境内には、大慈門の近くに「円空仏寺宝館」があり、館内には64体の円空仏と寺宝の一部が展示され、年間2~3万人の拝観者が訪れます。

千光寺は本堂や庫裡などの建物のみならず、袈裟山全体が信仰の対象となっております。

どうぞゆっくりと拝観し、山のエネルギーや空気、森林の生命力自体を感じてください。

 

千光寺の歴史

千光寺は1600年前、仁徳天皇の時代に、乗鞍山麓に住んでいた両面宿儺が開山した霊山です。

仏教の寺院としては、平安時代に、嵯峨天皇の皇子で弘法大師の十大弟子の一人、真如親王が当山に登山され、本尊千手観音を拝し、法華経一部八巻と二十五条袈裟が奉祀されていたことから袈裟山千光寺と名づけ、自ら開基になりました。

それ以来高野山の末寺となり、「飛騨の高野山」とも呼ばれています。

また、鎮護国家を祈祷する道場でもあったため、朝廷の帰依を受け、寺運は隆昌を極め、山上に19の院坊を持ち、飛騨国内に30ヶ寺の末寺をかまえていました。

飛騨一宮神社の別当職も兼ね、天皇御即位の際には、国家安穏玉体安穏、万民豊楽、諸人快楽を祈念して一位の笏木の献上もしていました。

ところが、室町時代に飛騨国内の内乱で一時衰退し、戦国時代に入り永禄7年(1564年)、甲斐の武田軍勢が飛騨に攻め入った折、全山炎に包まれてしまいます。そして、諸伽藍や末寺、数万の経典儀軌等も悉く灰燼に帰してしまいました。
しかし、本尊は守られ、その法灯は今も連綿として続いています。本尊は秘仏となっており、7年に一度御開帳があります。

現在の堂宇は、天正15年(1589年)、高山城主金森長近公が再興、建立したものです。

 

円空仏について

各地の霊山を巡り、生涯で12万体の仏像を彫ったという円空(1632-95)。

円空は訪れた土地の山林の木を素材にして、あまり手数を掛けずに仏像を造りました。表面には何も塗らず、木を割った時の切断面、節(ふし)や鑿跡(のみあと)がそのまま見える像が多くあります。

木の生命力を感じさせ、素朴で優しい円空の仏は江戸時代以来村人に親しまれ、今も多くの人の心をひきつけます。

 千光寺に保存されている現在64体の円空仏は、すべて「円空仏寺宝館」内に保管されています。
拝観期間は、4月1日~11月末日です(9:30~16:30 火曜定休)。

◆入館料
・大人 500円  団体(15人以上)400円

・学生高校生 200円

・小中学生 100円

※12月1日~3月末は降雪・路面凍結のため冬季閉館しています。ご了承ください。

※冬季に拝観を希望される場合は、お問い合わせください。

 




Copyright© 2012 飛騨千光寺 All Rights Reserved.