大下住職プロフィール

 

千光寺住職 大下 大圓

1954年(昭和29年)飛騨に生れる。

千光寺で出家する(12歳)。

高野山大学文学部仏教学科卒業。

岐阜大学教育学部研究生終了。

スリランカ国ビドゥヤランカ仏教学院修行留学
(テーラヴァダー得度コース)

京都大学こころの未来研究センター研修員修了

(臨床での瞑想応用を研究、臨床瞑想法のメソッド開発)

  

公職・その他

・千光寺住職
・高野山傳燈大阿闍梨                                            ・高野山真言宗権大僧正                                      ・日本臨床宗教師会副会長

・京都大学大学院講師(医学研究科コミュニケーション学)(非常勤)
・名古屋大学医学部講師(非常勤)
・厚生連看護学校講師
・日本スピリチュアルケア学会理事:認定指導スピリチュアルケア師
・NPO法人日本ホスピス・在宅ケア研究会理事
・NPO法人日本スピリチュアルケアワーカー協会副会長:認定指導スピリチュアルケアワーカー
・NPO法人日本ホリステック医学協会理事
・地球人ネットワ-ク飛騨代表
・岐阜県音楽療法士 

経歴

和歌山県の高野山で修行し(現在高野山傳燈大阿闍梨)、スリランカ国へ留学。
スリランカ僧として得度研修。テーラーヴァダー寺院でシャマタ、ヴィバッサナー瞑想を受ける

帰国後、地元教育委員会で社会教育担当(3年)。

飛騨で約25年前より「いのち、生と死」の学習会として「ビハ-ラ飛騨」を主宰。

その活動から病院や在宅への専門的なボランティア活動として「ひだ医療福祉ボランティアの会」を結成、ベットサイドのボランティア活動を続ける。

岐阜国体など岐阜県スキー選手のメンタルトレーナーをつとめ、選手の精神的サポートと本番での実力発揮を指導。

※日本体育協会公認、全日本スキー連盟公認指導員、スキーパトロール資格保持。

国立乗鞍青年の家講師、岐阜大学などの講師を経て、2008年まで高野山大学スピリチュアルケア学科客員教授を勤め、現在は飛騨千光寺住職のかたわら京都大学大学院、名古屋大学医学部などで「死生学、スピリチュアルケア、臨床宗教学」などの教鞭をとる。

臨床では高山市内にある「高桑内科クリニック」スピリチュアルケアワーカーを15年間勤め、医療チ-ムの一員として患者や家族の精神的ケアにもあたってきた。

高野山大学大学院臨床宗教学講座の主任教授として、2年間の東京サテライト設営、運営に関わる。

大学での教鞭の傍ら、講演活動、飛騨千光寺で瞑想療法、心の研修に関する様々な宿泊研修を手がけ、医療、福祉、教育における「スピリチュアルケア」や「ケアする人のケア」、「臨床瞑想法」を普及している。

臨床瞑想法教育研究所を開設し、日本看護協会出版などと連携して、看護師研修に参画している。

臨床宗教師として、病院や施設、保健、行政プログラムに参画している。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最近10年来の研究業績(書籍、学会発表、論文など)

 著 書     
密教福祉vol-3共著平成15年3月密教福祉の展開と未来密教福祉研究会40
いい加減に生きる単書平成15年6月仏教入門とスピリチュアテイ講談社262
癒し癒されるスピリチュアルケア単書平成16年3月実践的スピリチュアルケアと仏教医学書院272
人の力を借りていいんだよ単書平成19年6月縁による実践仏教講談社220
ひびきあう生と死共著平成20年5月未来を拓くスピリチュアルケア雲母書房194
手放してみるゆだねてみる共著平成22年3月苦難との向き合い方日本評論社222
ケアと対人援助に活かす瞑想療法単書

 




Copyright© 2012 飛騨千光寺 All Rights Reserved.